スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白髪抜かせてみた

久しぶりの更新です。夏休みが終わり、今週から学校が始まりました。といっても本格的に授業が始まるのは来週からになります。

夏休み中に髪が伸びきっていたので、髪を切ったのですが、白髪が目立つこと目立つこと。目立つ部分だけ抜こうと思ったのですが、大量にありすぎて手に負えなくなりました。ということで、隣人の子供に白髪を抜かせている図が下記です。



結構喜んでやってくれました。
スポンサーサイト

オクラ丼

今週に入り予備で持ってきていたPCが壊れました。とうとう持ってきたPCが2台とも壊れてしまいました。トホホ。。。でも学校のPCに日本語パッケージをインストールしたのでとりあえずネットには接続できます。

さて、最近ドライ・オクラがマラウイで手に入ることを知りました。それを粉末状にし、お湯に溶かした姿が下の写真です。

非常にネバネバしており、納豆やトロロが好きな私にとっては打ってつけの食材です。

ということで試しにオクラ丼を作ってみました。上記のトロロをご飯にかけて、醤油を少々垂らせば出来上がり。


味的にはオクラというよりは、のりに近い風味がするような。

以上、最近の食事の紹介でした!

協力隊と就職

22年度1次隊のフェアウェル・パーティーが終わり、先週末は最後のバスケットボールを22年度1次隊のメンバーと。彼らは今週帰国しました。月日が経つのは早いもので、私の任期も残り半年となりました。マラウイを発つ日も決まり、2013年1月1日に出国します。

帰国するメンバーが最も心配する点、それは就職。大卒直後に協力隊に参加する人から10年以上の社会人経験を経て参加する人などバックグラウンドは様々ですが、協力隊の経験を評価してくれる企業を見つけるのはなかなか難しいようです。

「青年海外協力隊」を1つのキャリアとして捉えてもらえるか、それとも単なる海外滞在経験としてしか扱われないか。協力隊の職種(村落開発、家畜飼育等)にもよるし、活動の成果にも依存するのかなと思います。おそらく説明が求められる点としては下記があるのかなと思います。

1. なぜ2年間も途上国でボランティアを?
2. 希望する仕事にボランティア経験をどのように活かせるか。

ロジカルかつ納得できる説明が必要だと思います。特に2は重要で、「外国語が話せます。」とか「異文化でのコミュニケーション能力があります。」的なものはあたり前のことなので評価の対象にならないのではないかと。ある原体験に基づき、このような成果を出し、それが希望する企業のこの職種で、このように活かせるとか、、、説得力のある証明ができないといけないんだろうなあと。

私の場合はというと、休職参加のため戻る場所はあるのですが、帰国後に元の職場でどのように経験を活かせるか、、、今のところ解はありません。というか今のところ想像することが出来ません。復帰して仕事に慣れていくにあたってフツフツと湧き上がるものなのかもしれません。

とにかく1日1日を大切にして、残りの任期を有意義に過ごしていければと思います。

聴覚障害とコンピュータ

聴覚障害の生徒に初めてコンピュータを教えました。P&D(Painting and Decoration)の生徒なのですが、これまでこの生徒は授業に参加していませんでした、なぜ?

まあ、それは良しとして、結構教えるのは難しいです。他の生徒との進捗のバランスが難しい。他の生徒にはまず言葉で説明して実習させる、その最中に聴覚障害の生徒に実習の説明を筆記でおこなう。その間にも他の生徒から質問が来るなど、、、大変でした。同期隊員で、ろう学校で教えている子がいるのですが、彼女の苦労を少し分かったような気がします。

聴覚障害の子供にとってはコンピュータって非常に有効なコミュニケーション・ツールになりえるので、来週からもちゃんと来るように言い聞かせました。

手話習おうかなと、考え始めてます。

マラウィアンとサロンパス

今年の2月頃から雇っていた昼間の警備員が妊娠休暇で来なくなったので、現在は新しい警備員が来ています。このお母さん、よく出来た人です。好物はサツマイモ、よくシェアしてくれます。



先日、不覚にも二日酔いで午前中苦しんでいたところ、

マダム「あんた!空腹で寝てたら駄目よ!シマ食べなさい!」
私「でもマダム、俺お腹減ってないんだけど。。。」
マダム「いいから、食べなさい!!!」

何とかシマ1つをたいらげ、しばらく寝てたら随分と気分が良くなりました。「マラウイの母」に感謝です。

そして今日、肩こりがひどいと言うので、サロンパスをあげました。面白かったので写真をパチリと。


プロフィール

kanken

Author:kanken
青年海外協力隊 平成22年度3次隊コンピュータ技術

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。