FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応用力

生徒にテクニックを応用させるのはなかなか難しいと感じています。

AとBというテクニックを別個に教えて、AとBを利用したCをやらせようとすると生徒の10%くらいしか出来ません。例えば、今週学んだ「背景色を変化させる関数」と先週学んだ「マウス・イベント」を組み合わせて、「この文字列にマウスをポイントしたら背景の色を変化させる」Websiteを作るよう指示しても、生徒の数人程度しか出来ません。他の生徒にはかなり答えに近いヒントを出しても駄目です。

こういうことを経験すると、もっとブレークダウンして教えないとなと反省してしまいます。最近考えている対応方法としては、AやBという基本テクニックをもう少し時間をかけて教えていこうかなと。Aの概念を教えて、Aの演習を1回させるだけでは駄目だなと。条件を少し変えた演習を2~3用意して基本テクニックを刷り込む、その後応用に向かわせてはどうだろうか、と考えています。来週から試してみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanken

Author:kanken
青年海外協力隊 平成22年度3次隊コンピュータ技術

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。