FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事マラウイに到着しました

やっとのことでマラウイに到着。首都リロングウェに降り立つ際の光景が忘れられません。広大な大地に家がポツポツ、緑の大草原が広がっていました。リアル・アフリカに来たんだなと実感しました。

クレセント・ゲストハウスという場所にこれから約1ヶ月間寝泊まりし、各種オリエンテーション、現地語(チェワ語)のトレーニングをおこないます。ゲストハウスにはインターネット環境が無いので、このブログはドミトリー(隊員宿泊寮)に立ち寄って更新しています。

とりあえず、マラウイの所感をば。

・天候
この時期は雨期なので、暑いし、じめじめしている。約25度くらいかな。
3月くらいまで続く予定。Tシャツ必須。

・ホコリっぽい
道路はある程度舗装されていますが、歩道が舗装されていないため、常に砂が舞い上がっている。
街中は常に「茶色い」といった印象。

・お金
US $1 = 175 MK(マラウイ・クワッチャ)で両替、500MK札が最大のため、US $200を両替して
大量の札束が。。コーラ1本が99MK。

・タバコ
Safariというタバコが99MKで買える、かなり安い。輸入タバコも買えるが、高い。そしてマルボロはないとのこと。

・交通手段
ミニバスという名のワゴン車。約12名乗れる。バス停らしき所に行くと、ドライバーがすごい勢いで
乗れ乗れ攻勢してくる。市内であればどの距離でも100MK。

・英語
レストラン、ショップではすべて英語が通じる。マーケットはまだ行っていないので不明。

・虫
基本たくさんいる、レストランではたくさんハエがたかってくる。そして部屋にて異常に素早い虫発見。
黄土色で2~3cm程度のガタイ、そして高速に動く。秒速5mくらい。そのうち捕獲したいと。
素早すぎてどのような姿をしているか観察不可能。

・人
かなりフレンドリー、すれ違う時、またバスから見ている時、みんなニコニコしてくれる。
The warm heart of Africaと呼ばれる理由を実感。

・安全面
スリや引ったくりなどの犯罪が多発している模様。夕方6時以降は外出禁止、また昼間でも危険な地域は歩行禁止と言われてる。マーケットもかなり危険らしい、バスから見学したけど、かなり人も多く、1人では絶対に行くなと忠告を受ける。デジカメで写真を撮ったり、携帯電話を使用するとひったくりのターゲットになるとのこと。

現在宿泊しているクレセント・ゲストハウスの入り口
クレセント・ゲストハウス

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanken

Author:kanken
青年海外協力隊 平成22年度3次隊コンピュータ技術

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。