FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康が一番

腸チフス予防接種が完了しました、首都リロングウェでもお金持ちしかこれない病院に行って、注射を
打ってもらいました。ただし、そこはマラウイ・クオリティ。注射前の消毒がなってません、明らかに
乾燥している綿を腕に擦り付けられて、打たれました。おそらく消毒液が切れていたのでしょう。
随分この手のことには慣れてきました。

その他気をつける病気は下記のようなところ。

・マラリア
早速蚊帳をベッドに張って、寝ています。雨期は蚊が多い時期なので気をつけないといけません。
蚊取り線香も焚いているし、虫除けスプレーも頻繁に使っています。来週くらいからマラリアの予防内服薬を
服用する予定です、1週間に1回服用、副作用としては鬱症状がでることがあるとのこと。
マラウイのマラリアは90%以上が脳性マラリアという重症になるものなので、かなり気をつかう必要があります。JICAからは37.5度熱があったら、マラリア検査キットを使用するように指導されています。

・住血吸虫(じゅうけつきゅうちゅう)
我らがリゾート、マラウイ湖に生息する寄生虫です。皮膚から体内に入ってくるようで、卵を産みつけられ、寄生します。気づかないことも多いようですが、人のよっては下痢/熱などがでるようです。死者が出た事例もあるようなので、なかなか侮れません。協力隊はマラウイ湖に入ることは禁止されています。折角ダイビングスポットもあるのに、、仕方ないです。

・狂犬病
致死率100%、犬などをはじめとする小動物に咬まれたら、24時間以内に首都にてワクチン接種が必要となります。訓練所で既に3回予防接種していますが、それだけでは防ぐことはできないようです。

その他HIV、感染率が12%くらいなので、他人の血液には触らないようにする必要があります。

さんざん医療事情が悪いことを聞かされており、手術が必要な場合は南アフリカもしくは日本に緊急移送して受けるようです。CTスキャンが無い首都、恐ろしいです。南部のブランタイア(私の任地)にはあるようです。
とにかく健康と安全には細心の注意が必要と心に誓う今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanken

Author:kanken
青年海外協力隊 平成22年度3次隊コンピュータ技術

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。