FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなら禁止法案の行方

日本からの情報で気になって調べていた「おなら禁止法案」ですが、現地の新聞でもトップに掲載されていました。問題発言をしたマラウイ法務省Chaponda氏は前言撤回したようです。

マラウイ法務省Chaponda氏の当初の発言は下記。

「おならはコントロール可能だ、なぜおならをする前にトイレに行かないのか?」
「公共の場でおならをする人々を見たいのか?」
「似たような法律は他の国でもある、例えばシンガポールではチューイングガムを捨てると捕まる。」

チューイングガムを捨てるのとおならを一緒にされると困りますね。
現地語の先生は知らなかったようですが、「それは無理、自然な行為だからね。」と笑って話していました。

後日Chaponda氏は「この法案の対象となる空気汚染の原因としておならは必ずしも該当しない」と弁明したようですが、完全に否定していないところが非常に気になります。マラウイに生活する身として今後の審議に要注目です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanken

Author:kanken
青年海外協力隊 平成22年度3次隊コンピュータ技術

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。